ホーム お問い合わせ

商品カテゴリー
カートの中
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM



ガクモンからエンタメ☆ HOW TO講座  


出展者 パイライトスマイル編

 




こんにちは!この度はパイライトスマイルで以前発表したガクモンからエンタメ☆について、少し詳しくお話します。
 

※ガクモンからエンタメ☆とは博物ふぇすオリジナル企画。詳しくは公式サイトの詳細にて。



 

まずこちらが「黄鉄鉱」(Pyrite)の標本展示。いろんな形の結晶があるけど
全部黄鉄鉱という一種類の鉱物です。


 



 

そしてこちらが黄鉄鉱の説明用に製作した黄鉄鉱の立方体結晶を模した箱型説明パネル前面の図は
黄鉄鉱の結晶面の変化に関する研究と「晶相変化の図」
 


 

 

一見違って見える結晶の形だけどこの図にはきれいな規則があると言う事がわかります。








 

そしてこちらが「晶相変化の図」を基にして製作した黄鉄鉱Tシャツ(こちらは販売もしました。)






セッティング例(当日はもうちょっと頑張って標本の種類を増やしました)



 

 

私はこの黄鉄鉱という鉱物が大好きで20数年間少しづつですが収集してきて、ああきれいだな〜不思議だな〜と
ただただ眺めておりました。

 

 

 

 

 

そして、あるときさっきの「晶相変化の図」に出合ってすごくびっくりしました。
ただ「面白くて不思議」だった黄鉄鉱の結晶の形が研究され論文になっていたからです。
しかも難しい中にも一目でわかる美しい規則性がありました。



 

学問なのに・・・ガクモンなのにとってもエンターテイメント!

 





そういう感動が世の中にはもっといっぱいあるのではないかと博物を愛する人たちは
それを伝えられるのではないかと思っております。









最後の面に参考文献を載せています。「黄鉄鉱の晶相変化」について研究されたのが砂川博士です。


 

実際に展示、販売をしての感想

説明パネルは見ている人に「手にとってみれますよ」と誘導しましたが、もっと来場者さんが
手を出しやすい風にしたほうがよかったなぁと思いました。

逆に黄鉄鉱の標本は「触らないでね!」という札をつけたので、無事に最後まで展示できました。
こういう表示などもイベントではわかり易くつける工夫が必要ですね。


あと、黄鉄鉱の正方形結晶を模した説明パネルでしたが
単なる正方形に見えてしまい「模している」と解りづらかったぽいです。
どうせなら五角十二面体の方にチャレンジしたほうが良かったかもしれない、、、
等など反省点いっぱいです。


 

ガクモンからエンタメ☆は規格サイズや調べたりと大変な部分もありましたが、

作品を通して伝えたい事をアピールできる場になりとても充実したイベント活動が
できました。

文責 パイライトスマイル
 
他の出展者からの感想など・・・

展示解説の印刷物を無料配布したらとても好評だった。

口頭説明を予定していたが混雑のためなかなかできなかった。

いつもと違う趣向を凝らす事ができお客様に喜んでもらえた。

Sブースだったので他の商品とのスペースの兼ね合いが難しかった。
(ガクタメの規定範囲は30cm×30cm以上)